宝石を売る方法、準備から相場価格まで

石にはほとんど値がつかない

宝石を買う場合にはルースではなく、リングやブレスレット、ネックレスなど地金に宝石がついた状態で買うことが多いものです。
売却する場合には、実は石そのものに値段がつくことは非常に限られており、例えばダイヤモンドの場合なら1石で0.3カラット以下のものは鑑定対象にならないなど、リサイクル業者によっても規定は変わりますが、通常つけていることの多いファッションリングなどは石はほとんど値がつかないのです。その為、地金の重さで出すのが現実的な値段の付け方です。石にある程度の値段がつくのは、ダイヤなら1石で0.5カラット以上の場合や、他のカラーストーンでもせいぜい1カラット以上であったり、余程の希少なものに限られてしまいます。

地金のレートを調べておく

ダイヤなら1石で1カラット、カラーストーンなら1石で2カラット以上などを除いては、通常は石にはほとんど値がつかない為、ほとんど地金の買取価格が提示されることになります。そこで重要なのが自分で相場をしっかり把握することです。
地金の相場は毎日変動します。金やプラチナのレートをインターネットで事前にチェックしておきましょう。店によっても若干の差はありますが、適性に買取しているところであれば相場から大きく外れることはありません。リングやネックレスなどの売りたい物の重さを予め自宅で計っておくとさらに確実です。料理用のスケールがあれば簡単に計ることが可能です。重さ×1グラムのレートが適正な買取価格です。石の重さは出せない為、地金だけの正確な量は出せませんがある程度の目安にはなります。