売らないで!レトロな宝石を今風にリメイク活用術

ネックレスや指輪で甦る!

一昔前の宝石は、宝石が存在感を出すようにデザインしているものが多いので今身につけるとアクセサリーだけ浮いてしまいますよね。
そんなときは宝石だけ取り出してしまいましょう。
1番普段使いしやすいのは、ネックレスです。シックなデザインにすれば、シーンを選ばないので大切な宝石も毎日身につけることが出きます。シンプルなデザインの物が定番なので、素材はゴールドかプラチナで宝石のみをチャームにするのがおすすめです。小さ目の宝石なら1つだけ、もしくはハート型に合わせる。大き目の宝石ならさらに宝石を増やして、パーティーやお祝いごとに使えそうな華やかなデザインにするのが合います。指輪も、デイリー使いするなら宝石は埋め込みタイプのシンプルなデザインを。婚約指輪や、パーティー時に使いたい場合は華やかなデザインにすると新品同様に思い出も一緒につまったアクセサリーになります。

複数の宝石を使って仕上げる

使わなくなった宝石って、1つだけ、という人少ないんじゃないでしょうか。大体、引き出しの中をあけると2つか3つはありませんか?
せっかくなら、まとめて1つのアクセサリーに変身させてみましょう。複数の宝石を合わせた方がインパクトもあり華やかさも一気にアップします。同じ宝石の種類なら豪華さが出ますし、違う宝石を組み合わせる場合は意外に組み合わせると可愛かったり、シックな雰囲気になったりとデザインの幅が広がっていきます。複数の宝石を合わせる場合は、大きい物を真ん中に。小さめの宝石を大きい宝石の外側に持って行くと今どきっぽいデザインになります。素材をプラチナに変えると丈夫で長持ちするし古さを感じさせません。